モノ2.0 〜新しい人間観による新しいモノづくり〜

http://ylab.sfc.keio.ac.jp/projects/2007/orf2007/index.html

去年は,インタフェースの重要性について議論しましたが,今年はどうやって具体的にものをつくっていくかについての議論,プロトタイプ論を展開します.

アフォーダンスからの応用.

・[http
//www.persistent.org/visualhaptics.html:title=VisualHaptics:カーソルによる手触り感提示システム|persistent.org]:ギブソンアフォーダンスから,考えてぬいてインタフェースに応用へたどりついてできたのがVisualHaptics.2002年くらいからのプロジェクト.

高校生の時に書いたページ@課題研究

・[http
//www5b.biglobe.ne.jp/~nitti/kaken/3/affodance.html:title=アフォーダンス]:アフォーダンスでいろいろな場所から参照されまくってるページも,実は私が書いたもの.でも,高校生のとき(1999)に書いたので,ちょっと誤解を与えかねない内容だった.

今までアフォーダンス関係の文章を書いたページ.

・[http
//www.persistent.org/hiki/hiki.cgi?%C0%B8%C2%D6%BF%B4%CD%FD%B3%D8:title=生態心理学関係(アフォーダンス)の情報ページ]:生態心理学関連の書籍を集めた.ちょっとした解説つき
・[http
//www5b.biglobe.ne.jp/~nitti/hp/cognitive/cognitive12.html:title=ほーむぺーじ論|認知的デザイン編|アフォーダンス]:2001年ごろ書いたWebデザインでのアフォーダンスの話.
・[http
//www.persistent.org/blog/2004/08/blog-post.html:title=アフォーダンスをデザインする?]:アフォーダンスとデザインに対する持論.アフォーダンスは手法にはならない.

ギブソンのアフォーダンスとデザイン

今まで書いてきたギブソンアフォーダンス関係の文書をここにまとめておく.ほとんどユーザインタフェースに応用するためにアフォーダンス,生態心理学を学んできた.